口座開設と注文について

通貨ペアの数は業者によって差があり、平均して15ほどの通貨ペアの取扱いがあります。
トルコリラ、クローネ、メキシコペソは半々ぐらいです。

 

通貨ペアは多いほうが良いですが、スプレッド、システム、メール通知など他の要素も総合してFX業者を決めます。
カカクコムフィナンシャルのkakakuFXプレミアムは160ペア以上です。
最低取引単位が原則として5万通貨からなので、ロットの大きい投資スタイル向きです。

 

どの通貨ペアを選ぶかはポジションの保有期間によると思います。
為替の変動による差益とスワップの両方を重視し、ポジションを中期保有する可能性があれば、スワップが多めのポジションからいくつかを選びます。
ほとんど日をまたがずに決済するなら、トレンドを見てポジションを選びます。

 

通貨ペアによって、為替の動きに傾向があり、それは順張り(相場の流れに乗って売買すること)と逆張り(相場の流れに逆らって売買すること)のどちらが向いているかということに影響するようです。

 

一般的には順張りのほうが勝ちやすいけれども、逆張りが向いている通貨ペアで順張りをすると負けが多くなるということです。たとえば、米ドルは逆張りが向いていると聞いたことがあります。

通貨ペアのお話関連ページ

信託保全の重要性
FX取引はもはや学生から主婦まで行える一般的な投資手段となりました。簡単だけど奥が深い、FXの魅力をご紹介!
FX取引の利点
FX取引はもはや学生から主婦まで行える一般的な投資手段となりました。簡単だけど奥が深い、FXの魅力をご紹介!
リスク管理
FX取引はもはや学生から主婦まで行える一般的な投資手段となりました。簡単だけど奥が深い、FXの魅力をご紹介!