FXの歴史

FXといわれる「外国為替証拠金取引」は、一般の企業が参加することはできず、指定された銀行のみしかその業務を行えなかったということです。それで、当時FXは一般の人などには知られてはいませんでした。また、知っていても軽々とは参加できないものであったのです。

 

しかし、1998年の外為法改正で、一般企業でもFXの取り扱いができるようになったということです。そして個人でもFX取引が行えるようになったということですね。

 

また、開放されていても当時の法整備では、悪徳業者が後を絶たないという状況がありました。それは、強引な勧誘であったり、顧客の利益などを無視した取引をすすめるというようなものであったのです。

 

そういうことで、当時FXに出会った人たちでは「FXについて悪いイメージしかもたなかった」ということがあるようです。2005年には、再度法整備がされて悪質な業者などには厳しい取り締まりが行われてきました。その効果があったせいか2008年までには、悪質・悪徳といわれる業者は激減したといわれます。

 

しかも今だに、この取締まりは今でも続けられているということがあって、悪質・悪徳な業者を締め出していることには変わりがありません。このような悪いサービスが減って、レベルの高いサービスを受けられるようになるということは、顧客側にはこれからも好ましい状況だということがいえるようです。

 

金融商品としても、まだ新しいといえるFXでは、これからも今後も伸びていくであろうといわれているものです。

FXの基本的な話記事一覧

通貨ペアのお話

通貨ペアの数は業者によって差があり、平均して15ほどの通貨ペアの取扱いがあります。トルコリラ、クローネ、メキシコペソは半々ぐらいです。通貨ペアは多いほうが良いですが、スプレッド、システム、メール通知など他の要素も総合してFX業者を決めます。カカクコムフィナンシャルのkakakuFXプレミアムは160...

≫続きを読む

 

信託保全の重要性

最近は、FXの業者が数多くあり非常に選択肢が多い状態です。しかし実際に口座を開設して取引を行う際は、信用できる安全なところを選びましょう。まずは自分が口座を開設しようとしているFX業者が顧客の証拠金をどのように管理しているか確認してください。信託保全がなされている業者を選ぶことをおすすめします。信託...

≫続きを読む

 

FX取引の利点

FXのメリットは、@市場の透明性と開放性、A取引条件の良さと自由度の高さ、B資金効率の良さ、の三点であると考えます。外国為替市場の規模は膨大なものであり、全世界的に24時間取引が行われています。株式と異なり、インサイダー情報のようなものは原理的にあり得ない市場です。一個人もプロのディーラーも、取引の...

≫続きを読む

 

リスク管理

FXのリスクはもはや避けられないテーマです。勝っていても負けてしまう、5分5分の確率であれば、取引手数料分ずつ資産を減らしていくことになります。何度も取引するごとに、資産を減らすという計算です。しかし、一般的に言われていることは、損切りしないとたいへんなことになる、ということです。損失が拡大して、ま...

≫続きを読む